オリジナル小説 魔法少女まどか☆マギカ

魔法少女まどか☆マギカ 別編~再臨の物語~(第3部3話)

投稿日:2018年7月20日 更新日:

再臨ロゴ2

 

3年前。

マミや杏子が魔法少女になる前の六千石町に、キュゥべえはいた。
大きな工業地帯を抜けた先にある病院の屋上。
仲の良さそうな姉妹が会話をしているのを眺めていた。

「お姉ちゃんは来年からひとり暮らしなんでしょ?」

「ひとり暮らしじゃなくて、寮生活かな。だからこうして会いに来るのも難しくなっちゃうんだ」

姉と呼ばれる少女は、車椅子に乗る妹を後ろから支えて話をしていた。

「どうした? 寂しいのか?」

「そんなわけないでしょ、私 もうすぐ6年生だよ? お姉ちゃんがいなくても平気だもん。勉強しろってうるさく言われなくて済むし」

「あ、こいつ~」

生まれつき足が悪く入退院を繰り返してきた妹と、高校進学を機に県外で寮生活を始める姉。
妹想いの姉は、入院中にはよくこうして見舞いに来ていた。
学校を休みがちな妹の勉強を見てやったり、話し相手になったり、共働きの両親に変わって妹の面倒をよく見る、健気な姉だった。

「ねえ、もし足が治ったら何がしたい?」

「え? 急にどうしたの?」

「いや、今は歩くことも大変かもしれないけど、自由になったら何がしたいかなって」

妹の不自由な足は治る見込みのない病だと、姉は知っていた。
先天性の疾患で原因がわかっていないうえに、現代の医学ではどうしようもないものだった。

「う~ん、そうだなぁ……思いっきり走ってみたいかな。自分で走るって気持ちいいんだろうね」

「お、いいね。そしたら私と競争しようか」

「あはは、お姉ちゃんには勝てないよ。お姉ちゃんは陸上の選手だもん。だから遠い学校に通うことになったんでしょ?」

「何事も諦めたらそれまでだ。努力すれば空だって飛べるさ」

「空は飛べないよー」

ふたりの明るい笑い声が屋上に響いていた。

「そろそろ冷えてきたから、中に入ろうか」

「……もう、帰っちゃうの?」

「また明日、来るから」

そう言って車椅子と一緒に病棟に入って行く少女たちを眺めていたキュゥべえは、姉の姿に魔法少女の素質を見ていた。

あの姉は、強い願望を持っている。
それはキュゥべえだけに見える人間の少女のエネルギー源で、叶わぬ願いを秘めているからこそ魔法少女の素質となるものだった。
姉の中に見えた強い願いの光は、魔法少女たるに十分な熱源だった。

キュゥべえは、陽も暮れた住宅街を歩く姉の前に現れた。

病院帰りの姉は立ち止まり、奇妙な物を見るような目でキュゥべえを見つめた。
猫のような兎のような、小さな生き物。
紅くて丸い眼、長い耳、大きな尻尾、見たこともない小動物が、少女と向き合っていた。

「やあ、僕が見えるかい?」

「……へえ、喋れるんだ」

姉は驚くこともなく、落ち着いた様子でキュゥべえを見下ろした。
西の空に陽が落ち、薄暗い舗道に街灯が灯っている。
平日の帰宅時間ということもあって、姉の他にも家路を急ぐスーツ姿の男性や学生らしき女性が歩いているが、誰もその生き物に気付いていないようだった。

「やっぱり君には素質があるようだね。実は、僕はお願いがあってここに来たんだ」

愛くるしい姿で話しかけるキュゥべえに、警戒心を抱かずに耳を傾ける少女。
というよりも、自分の前にこの奇妙な生き物が現れたのを、その日が来るのを待っていたような目で見つめていた。

「いいよ。その代わり、私のお願いも聞いてもらえるかな」

一体、何を察しているのか、少女はすんなりと話を運んだ。

「もちろん、そのつもりだよ」

「で、あなたのお願いっていうのは私に何かしろって言うんでしょ? 生命を預けろとか、そういうのかな」

「驚いたなあ、君と会うのは初めてのはずだけど、どうしてそこまで話がわかるんだい?」

「さあ、どうしてだろうね。私もあなたに会うのは初めてだけど、いつかこんな日が来るんじゃないかと思ってたんだ」

勘か、予見か、願望か……

普通ではあり得ないこの状況を、まるで必然のように受け入れた。

「なるほど。君には、どうしても叶えたい願いがあるみたいだね。それなら都合がいい。それじゃ、僕は君の願いを何でもひとつ叶えてあげる。それと引き換えに、魔法少女になって欲しいんだ」

「魔法……少女?」

「そう。君の魂をソウルジェムに変えて、奇跡と魔法を司る魔法少女になるんだ。そして魔法少女になる子には、魔女と戦う使命が課せられる。君にはその運命を背負う覚悟があるかい?」

「私の願いは必ず叶うの?」

「もちろんだよ。お金でも地位でも名誉でも、どんな願いもひとつだけ叶えてあげる。君の願いが叶うことで、僕との契約が結ばれるんだ。どちらも決して反故にはならないから安心して」

少女の名前は天生目涼子。
六千石町の尾島中学に通う3年生で、成績優秀・スポーツ万能な優等生。
県内でも有数の陸上選手だった涼子は、来春からスポーツの特待生として県外の有名学校に通うことが決まっていた。
そして、何ひとつ不自由の無さそうなこの少女が告げた願いは

「妹の、ゆう子の足を治して欲しい」

というものだった 。
難病を抱え、学校に行くこともままならない妹。
自分の足で歩くこともできず、入院と通院を繰り返してきた不憫な妹。
病室には涼子の走る姿を写した写真を飾り、いつもその活躍を応援していた。

「あの子の足は、どうやっても治らないんだ。病院の先生は根気よく治療とリハビリを続けていきましょうって言ってるけど、そんなの気休めにもならないのはわかってる。だから、あの子の足を治してくれるんだったら、私は何でもするよ。できるかい?」

「どんな奇跡でも起こしてあげるのが僕の役目だからね。自分の為の願いじゃなくても構わないさ。その願いが、君にとって1番叶えたい願いなんだね?」

「ああ」

「いいだろう、契約は成立だ」

こうして少女は、希望の祈りによってソウルジェムを輝かせ魔法少女になった。

もともと運動能力がずば抜けていた涼子は、中学生離れした運動神経で目にも止まらぬ素早い動き、高い移動能力を身に付けていた。
また彼女は、魔法少女としては珍しく武器を持たなかった。
戦いの際には、卓越した魔力のコントロールで魔女の身体に癒しの魔法を当て、その穢れた肉体を浄化させた。
相手を傷付けず、自らの掌から魔力の波動を伝えて魔女の呪いや絶望を断ち切る。
負の感情で形成された魔女に癒しの魔法が反作用し、肉体を消滅させるという少し変わった戦い方をしていた。

それを見たキュゥべえは

「君は、どうも普通の魔法少女とは違うようだね」

と言った。

「そうなのかい?」

「そんな戦い方をする魔法少女は、僕が見てきた中にはいないよ。魔女は呪いや絶望が具現化した姿、つまりは肉体を持つ存在だから、物理的に傷付けることでグリーフシードと肉体の結合を途切れさせるんだ。癒しの魔法の反作用で魔女を消滅させるなんていう発想は、僕も考えもしなかったよ」

「へえ……。でも魔法はさ、相手を傷付けるだけのものではないと思うんだ」

「どうあれ、魔女に勝つことが君の使命だ。その過程で何を考え、どう戦うかは君の自由だからね。僕がとやかく言う必要はないんだ。ただ、その魔力の使い方は特筆すべき存在だよ」

「ふうん」

キュゥべえは、涼子の魔法を異端視するようでもあったが

「いつの時代にも、魔法の寵児は生まれるものだね」

魔法少女の才能という意味では大きく認めるほどだった。

 

続く

 

▼▼ 応援プッシュ お願いします♪ ▼▼

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

バナークリックで 応援お願いします(*'ω'*)

 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございます(*´▽`*)
★日本ブログ村 スロット日記ランキングへ戻る (*'▽')σ
 


 

オリジナル小説
【魔法少女まどか☆マギカ 別編~再臨の物語~】 連載中
まどマギオリジナル小説再臨ロゴ2

 

オリジナル魔法少女まどか☆マギカ小説「再臨の物語」第1部はこちら
 

オリジナル魔法少女まどか☆マギカ小説「再臨の物語」第2部はこちら
 


 

オリジナル4コマ漫画

よんこまほむらマギカバナー

はこちら
↓ ↓ ↓ ↓
 

【まどマギ4コマ漫画】 総集編(ディレクターズカット)①

【まどマギ4コマ漫画】 総集編(ディレクターズカット)②
 


 

Twitterのフォローもよろしくお願いします♪
(*'▽')σ マンボウ次郎のツイッター
 


 

ブログランキング・にほんブログ村へ









-オリジナル小説 魔法少女まどか☆マギカ

Copyright© アニもに! , 2018 AllRights Reserved.