日常のお話

オリジナル小説 魔法少女まどか☆マギカ[新説]~ヴァルプルギスナハト~(予告編)

投稿日:2018年12月30日 更新日:

 



●このサイトは、魔法少女まどか☆マギカ と 巴マミたんを全力で応援しています!


オリジナル小説 第二弾

魔法少女まどか☆マギカ [新説]
~ヴァルプルギスナハト~

を、2019年1月4日より公開いたします。

前作(再臨の物語)は、本編・円環の理以降から派生するオリジナルストーリーでしたが
次作(ヴァルプルギスハナト)は、時間軸でいうと少しだけ過去のお話になります。

本編に登場するワルプルギスの夜は、どこで、どのように産まれたのかを
オリジナル設定で描いていきたいと思います。

 

まどマギ本編では、ワルプルさんがどうして産まれたのか
という公式の設定はありません。

ワルプルギスの夜は
暁美ほむら説
美樹さやか説
過去の魔法少女説

と諸説ありますが、今回描くワルプルギスの夜は
あくまで私の仮想のお話です。

 

ワルプルギスの夜について、いくつか判明している中で

「もともとは一人の魔女で、のちに他の魔女の波動を集めて現在の姿になった」

という設定があります。

もしかしたらワルプルギスの夜は
遥か昔、有史以前にキュゥべえが魔法少女を作り出した頃からいた魔女なのかもしれません。

何千年もこの星に君臨してきた中で、数多くの魔女を自らの体内に取り込んできた。

円環の理のように、いわゆる女神まどか単体の存在ではなく
まどかと、彼女によって導かれた全ての魔女たちの集合体のような存在と言えるかもしれない。

ということは、ワルプルギスの夜は
円環の理と対を成す存在?

その強さは「最凶最悪の魔女」と呼ばれ「未曽有の大災害」を引き起こし
瞬く間に地表の文明をひっくり返してしまいます。

 

暁美ほむらが迎え撃ち、銃器や兵器を用いて対抗するも
その圧倒的な強さの前に撃退することができません。

 

そして最後は、魔法少女となった鹿目まどかの手で滅ぼされます。

 

いろいろと憶測を呼ぶ魔女ですが、そんなワルプルさんの物語を
オリジナル設定で描いていきます。

魔法少女システムは本編を踏襲しますが
キュゥべえ以外の登場キャラは、ほとんどオリジナル。

「それって、魔法少女まどか☆マギカじゃなくね?」

っていうツッコミがありそうですが
そこはしっかり本編に繋がるストーリーを構築していきますので
勘弁してくださいね。

 

ということで、次作のオリジナル小説

魔法少女まどか☆マギカ[新説]
ヴァルプルギスナハト

をよろしくお願いいたします(*'ω'*)

 

=====スポンサーリンク=====
 




 

 

☆ブログランキングに参加しています☆

▼▼ 応援プッシュ 押してね♪ ▼▼

ブログランキング・にほんブログ村へ

▲▲ バナークリックで 応援お願いします ▲▲

 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございます(*´▽`*)
★日本ブログ村 スロット日記ランキングへ戻る (*'▽')σ
 


 

オリジナル小説
魔法少女まどか☆マギカ [新説]
ヴァルプルギスナハト

2019年1月4日より 公開予定
 


 

オリジナル4コマ漫画

よんこまほむらマギカバナー

はこちら
↓ ↓ ↓ ↓
 

【まどマギ4コマ漫画】 総集編(ディレクターズカット)①
【まどマギ4コマ漫画】 総集編(ディレクターズカット)②
 


 

Twitterのフォローもよろしくお願いします♪
(*'▽')σ マンボウ次郎のツイッター
 


 

ブログランキング・にほんブログ村へ









-日常のお話

Copyright© アニもに! , 2019 AllRights Reserved.