オリジナル小説 魔法少女まどか☆マギカ

【オリジナル小説】魔法少女まどか☆マギカ[新説]~ヴァルプルギスナハト~ 第十三話

投稿日:

第十三話 魔女殺しの槍(まじょごろしのやり)

 

寝言のように「ウソつき」と繰り返す弥生。

そして

「本当は聞こえていたんでしょ? それなのに、なぜ嘘をつくの?」

曇った瞳で詰め寄ってくる柚葉。

「ふたりともどうしたの? 弥生ちゃん、起きてるの?」

沈むように座っている弥生を揺すっても反応はない。那月に肩を揺らされて、弥生の小さな身体は崩れるようにバスのシートに倒れた。生乾きの髪の毛が木製のシートに広がると

「――――っ!」

その首筋に、黒っぽい紋様が見えた。これは

「魔女の……口づけ!」

アザでもない、傷でもない、紛れもない呪いの刻印。

「それはウソじゃないのです」

目を閉じたままの弥生が、にやけたように言う。

この言葉……魔女に操られているんだ。さっきから「ウソつき」と連呼していたのは、魔女の呪いに言動を支配されていたんだ。

「弥生ちゃんは、また魔女を引き寄せてしまったんだ!」

那月は心の中で叫んだ。この辺りに潜む魔女が弥生に引き寄せられ、いつの間にか呪いを振り撒いていたんだ。

「もしかして柚葉も……?」

力なく寝転んでいる弥生から視線を移すと、那月のすぐ横に柚葉が立っていた。立ち上がったまま那月を見下ろしていた。

もしかして、柚葉も同じように魔女の口づけを受けているのか。ふたりで「ウソつき」と言っていたのだから、弥生ちゃんと同じように呪いを受けてしまっているかもしれない。

長い髪に隠れて、柚葉の首筋が見えない。那月は手を伸ばして

「柚葉、ちょっと見せて……」

髪の毛に触れようとすると

「触らないで!」

差し出した手がパーンと払いのけられた。柚葉の瞳は曇り、表情が険しい。

「嘘つき。アンタは嘘つきだよ。あたしに触らないで」

「そうなのです。なつきはウソつきなのです」

停車したバスは動かない。辺りには車も人影もなく、まるで無人の街中に取り残されてしまったようだった。

「しまった……こんなところで魔女が出てくるなんて」

よくよく考えたら、あり得ないことではなかった。北夜見市にだって、ここ見滝原にだって魔女はいる。いつもはひとりでいる時や、同じ魔法少女と共闘することはあっても、無関係の人間と一緒にいる時に魔女が現れることだってある。想像していたことだ。

が、それは唐突だった。何の準備も、心構えもしていない。

「今ここで私が魔女と戦ったら、柚葉にも知られてしまう?」

いや、魔女の口づけに毒されているのであれば

「魔女さえ倒せば、その記憶は消えるかもしれない」

那月は右手にソウルジェムを出した。柚葉の記憶が残るかどうかよりも、ふたりが魔女の口づけを受けてしまったのは事実だ。放っておくことなど出来るはずがない。

夕闇に沈む見滝原の街に、赤い気泡が舞った。オレンジ色の夕陽は色濃く変わり、何もかもが赤い世界へと変わっていく。魔女の結界が口を開いたのだ。

ためらっている場合じゃない。一刻も早く魔女を狩らなければ、ふたりの命が危ない。

「柚葉、ごめん。後でちゃんと謝るからね」

右手に持つソウルジェムに視線を落とし、宝珠を輝かせたところで

「お待ちなさいな」

と、どこからともなく声がした。この、丁寧だが相手を見下したような言い方は……

「防護障壁!」

バスの車上にいる那月たちをすっぽりと包み込むように、黄色い魔力膜が張られた。

この声は、左苗ミコだ。しかし姿が見えない。

那月は周囲を見回してミコの姿を探した。弥生は目を閉じたままだが、柚葉も同じように辺りを見回している。

「これは神隠しみたいなものよ。不運にも迷い込んでしまったわね」

黄色い防護障壁のすぐ外側から、もうひとりの声。バスの車上の縁に降り立ったのは、薄墨色(はいいろ)の服を纏う少女。

「あなた達には関わりのないこと。助けてあげるから、そこで黙って見てなさい」

「蒼ユリ!」

背を向けて立つユリが、先端の丸い円から十字が伸びる槍を構えている。

「ちょっと、どうしてアンタがこんなところに……」

言いかけた那月の言葉を断ち切るように

「あなた……誰かしら?」

ユリが冷たい言葉を浴びせる。さらに

「言ったでしょう? 黙って見ていなさい」

と言って一気に跳躍した。舗道の外灯に足をつけ、そこからさらに飛び上がる。建物の壁面を蹴り、そこからさらに飛び上がる。

あっという間に五階建てのビルの屋上に立ったユリを

「あんなところから何をするつもりなの?」

那月は目を細めて見上げる。その横では、柚葉がじっと那月を見つめていた。

「ミコ!」

ユリの声が聞こえる。いや、これは……精神感応(テレパシー)だ。

「はいですの!」

「あなたのところから見える?」

「いえ、魔女は見えませんわ。ただ、この魔力の波動は……」

「ええ。魔女喰いね」

ふたりのやりとりが、テレパシーに乗って聞こえてくる。どうして私にも聞かせるのだろう。

「ユリさま、ワタクシがおびき出します」

「任せるわ」

ミコの声はどこから聞こえているのか分からない。テレパシーだけが那月の頭の中に響いている。

と……

那月たちが乗るバスを中心にして、黄色い魔力の膜が開いた。ミコの魔法『防護障壁』が、巨大な風船を膨らますように街の一角に広がっていく。

「さあ、出ていらっしゃいな」

どこかに潜んでいる魔女を、魔力の膜で絡めようというのか。放射状に広がっていく防護障壁はぐんぐん大きくなり、朱に包まれた一帯をレモン色に染める。

「いましたわね」

バチーン! と帯電したような音がして、くぐもった魔女の声が響く。障壁に引っかかってあぶり出された魔女に

「ユリさま!」

「ええ」

建物の屋上から飛び降りたユリが、十字槍で閃突を浴びせる。

オオカミのような顔をした魔女が、ユリの十字槍で身体を貫かれていた。オオカミのよう……といっても、身体はゆうに二メートルはあるだろう。長い手足に毛むくじゃらの身体は獣のよう。その手には大きな杖を持っている。

「狼(オオカミ)の魔女?」

那月はその見た目から安直に想像したが

「いいえ、あれは魔女喰いですわ」

姿の見えないミコのテレパシーが頭の中に聞こえてくる。

ユリの槍で突かれた魔女喰いは、そのまま地面に落下して叫び声をあげた。身体の真ん中、ちょうどお腹のあたりを一突きにされ、紫色の血を吹き散らしている。

グルル……と、獣のような声をあげる魔女喰いを、街灯の上から見下ろすユリ。薄墨色の視線を送りながら、冷ややかな口元で槍をビュっと振ると、刃先についた血のりが飛び散った。

そのまま追撃を向けるのかと思っていたが、ユリは微動だにしない。

「あれが魔女喰いなんだったら、再生される前に攻撃しないと……」

魔女喰いには強い再生能力がある。それは那月も経験済みだから、なぜユリが追撃を向けないのか不思議だった。

「大丈夫ですわ。ユリさまの槍は特別ですから」

「特別?」

血吹雪をまき散らしながら道路の真ん中に立つ魔女喰い。その傷跡は……

「傷が……再生しない?」

魔女喰いの再生能力なら、あんな傷などすぐにふさがってしまうはずなのに。

「どうして……」

「ユリさまの槍、あれは『魔女殺しの槍』ですの」

「魔女殺しの槍?」

「そうですわ。あの槍は、魔力による再生能力を打ち消す力がありますの。だから魔女の再生能力は、ユリさまの攻撃には無意味」

姿の見えないミコが、いつもよりも饒舌だった。ユリ「さま」なんて呼び方をしているから、きっとあの高慢ちきの腰巾着なんだろう。神輿を担ぐのに声も張り切っている。

「どんな魔女をも滅する魔女殺しの槍と、それを扱う強靭な精神力。そして磨き上げられた槍捌き。ユリさまに敵う者などいませんの」

ミコの言葉は自信に満ちていた。

と、流血の止まらない魔女喰いが咆哮をあげる。それはユリへの威嚇か、苦痛に耐える叫びか、牙を剥きだしてユリを睨んだ。体中の毛が逆立ち、獣の目が怪しく光る。

「魔力を高めましたわね。あれが限界だとしたら、やはりコイツは『ランク2』」

この魔女喰いには『ランク3』以上の印(しるし)となる魔力輪は見えない。つまり、魔女を一匹だけ喰った魔女喰いなのだろう。それでも普通の魔女に比べたら格段に強い魔力なのだが

「ユリさまの敵ではありませんわ」

もはや勝負あった、と言わんばかりにミコの声は安心している。

魔女喰いは手に持つ杖をかざした。柄の先には、片目の潰れた人の顔のようなものが象られている。その杖を大きく振り下ろすと、ユリに向かって杖の中の顔が飛び出した。

不気味な顔だけが伸びていき、ユリに迫る。

「危ない!」

那月が叫ぶが、ユリは動じない。

右手に下げた槍をピクリと動かすと、目にも止まらぬ速さで振り上げた。瞬間、杖の顔が大きく口を開ける。ユリの槍は空を斬り、杖の顔が開けた口の中に飲み込まれてしまった。

「えっ!?」

それを見ていた那月は思わず声をあげる。あれだけ余裕を見せていたユリが、あっけなくひと飲みにされてしまった。魚が餌を丸飲みするように、一瞬でユリの姿が杖の顔の中に消えた。

「ちょっと! 喰われちゃったわよ?」

那月が焦った声を出す。が……

「喰われてしまいましたわね」

それに答えるミコの声は平静だった。冷静に、落ち着いてテレパシーを飛ばしてきた。その声は那月だけに聞こえているはずだが

「この人もウソつきなのです」

「弥生ちゃん?」

未だに目を閉じて眠ったままの弥生が、再び口を開いた。

「ええ、ウソですわ」

と、再びミコのテレパシーが飛んだ次の瞬間、杖の顔が真っ二つに斬り裂かれる。顔の内側から裂けるように、その醜い顔が半分に割れた。紫色の血が外側に飛び散り、それと一緒に黒いシンボルが飛んでいった。

「ランク2程度の魔女喰いがユリさまを喰らおうなんて、百年早いですわね」

ドロリと崩れ落ちた顔の中から、ユリが姿を現す。まるで何事もなかったかのように平然と、余裕の表情を浮かべたまま魔女喰いの前に降り立った。そうして

「終わりね」

と冷たい声を発すると、ユリの槍が舞った。

一瞬で間合いを詰めると槍を回し、魔女喰いの身体に激しい連撃を見舞う。その槍捌きは美しく優雅で、しかも異常に速い。十字の穂先がいくつもの残像を描き、回転させる遠心力での打撃を加え、魔女喰いの身体を襲う。

まさに猛攻とよべるユリの槍撃乱舞に、魔女喰いは成すすべもなく打ちひしがれた。紫色の血しぶきがまるで花吹雪のように散り、魔女喰いの身体は削られていく。

「す、すごい……!」

この槍の扱いは古武術か何かか。見たこともない槍捌きは観る者をも圧倒した。

魔女喰いは鮮血に染まり、身体はボロ雑巾のようになっている。魔力による肉体再生も起こらない。反撃する力も見えない。

ユリは最後に、魔女喰いの喉元を槍で突いた。

先端が十字に伸びる『魔女殺しの槍』

その刃先が魔女喰いの身体を貫き、抜け出た穂先には黒いシンボルが刺さっていた。それは黒い宝珠、嘆きの種グリーフシード。ユリは槍の刃先で、魔女喰いの魂を突き刺していた。

魔女喰いの叫び声が響く。それは獣の声というより、くぐもった女性の金切り声。

ユリの槍に突かれたグリーフシードはパーン! と弾け、砂のように散り消えていった。同時に魔女喰いの身体も、音もなく崩れていく。

まさに圧倒だった。ランク2の魔女喰いが、文字どおり「手も足も出ない」

ユリに対して傷ひとつ付けることができない。

これが、キュゥべえに「歴代最強」と言わせる魔法少女。

魔女喰いは消え、朱に染まっていた魔女の結界も元の見滝原に戻っていく。弥生の首筋にあった魔女の口づけは消え、静かな寝息を立て始めた。夕陽は西の空に沈み、道路沿いの街灯に明かりが灯る。

宵の見滝原市は再び動き始め、人や車の流れが那月たちの横を過ぎていった。

「御覧になりました? これがユリさまの実力ですわ」

と、ミコがテレパシーを飛ばしてくる。未だに姿は見えないが、きっと勝ち誇った顔をしているに違いない。

「ミコ」

向こう側の歩道から、制服姿のユリがミコを呼ぶ。いつの間にか『普通の女子高校生』に戻り、往来する人の流れに見え隠れしていた。

「はいですの!」

「行くわよ」

言葉少なくユリは歩き出し、そこでふたりのテレパシーも途切れた。どこかにいるミコも、ユリについていったのだろう。

車内に発車を促すアナウンスが流れ、バスの扉が閉まる音がする。排気ガスを出さないクリーンエンジンが吹き、那月たちを乗せたバスが動き出すと

「はぁ……」

那月は大きなため息を吐いた。

今回はあのふたりに助けられた。おかげで自分が魔法少女だと知られずに済んだし、柚葉も弥生ちゃんも無事だ。魔女の口づけは消えたことだし、柚葉もあの不思議な戦いは忘れてしまうだろう。

どっと疲れが噴き出した那月の横で、柚葉が道路の向こうを眺めていた。流れる景色に過ぎていくユリの姿を追っていた。

柚葉のその手に、黒いシンボルが握られていたことは誰も気付いていなかった。

 

 

続く

 

=====スポンサーリンク=====
 




 

 

登場人物紹介

ストーリー進行ごとに登場人物紹介を追加していきます。
まどマギ本編に登場する『キュゥべえ』以外はすべてオリジナルキャラなので
「あれ? コイツ誰だっけ?」と思ったら読んでいただければ。

 

☆ 御上 那月(みかみ なつき)

本編の主人公。北夜見中学二年生。四月三十日生まれの十四歳。
母親は小さい頃に死去しており、現在は父親とふたり暮らし。

目がパッチリで色白、肩まで届く短めの髪。髪色は青みがかった黒色。
甘いものとカワイイものが大好き。
親友の柚葉からはいつも「ペタンコ」と言われている。
普段は明るくコミカルな性格だが、魔女に対すると冷徹で好戦的になる。

キュゥべえと契約した魔法少女。

魔法少女としての能力は非常に高く、刀身が波打つ細剣『フランベルジュ』を扱う。
炎の魔力を宿しており、フランベルジュに込めた炎の力を自在に操る。
また、観念動力(テレキネシス)という、普通の魔法少女にはあり得ない能力も身に付けている。

変身後は、白と青紫ふたつの色をあしらった衣装を身に纏う。
夜空に真っ白な月が映えるようなコントラストで、膝丈まであるスカートと肩当から揺れる柔らかいフリルが特徴。

ソウルジェムの色は青紫、シンボルマークは真円。
変身後は、右手首に付ける炎を象ったブレスレットに付けられている。

 

☆ 宝条 柚葉(ほうじょう ゆずは)

那月の親友でクラスメイト。

市内でも有数の豪邸に住む本物のお嬢様だが、粗暴な喋り方で強引かつ勉強嫌いの普通の中学生。
サラサラなロングヘアに細身で巨乳の「セクシーダイナマイツバディ」
男子生徒たちの憧れの的だが、恋愛にはあまり興味がない。

那月とおかしな芝居を繰り広げることが多い。

 

☆ 蒼 ユリ (あおい ゆり)

高慢かつ高飛車な話し方で、誰に対しても気を許すことなく淡々と冷静に言葉を発する魔法少女。
細くしなやかな身体で、長い銀髪が特徴。
キュゥべえ曰く、歴代最強の魔法少女。

見滝原の有名なお嬢様学校『見滝原第一女子高等学校』の一年生。
洞察力にも長けており、他人の心を見透かすような一面もある。

魔法少女への願いは不明。

歴代最強の名のとおり、他の追随を許さない圧倒的な魔力を持つ。
その力は、魔女はおろか街をも吹き飛ばせる程の魔力を秘めていると言われる。

先端の丸い円から十字が伸びる槍を扱う。

ソウルジェムの色は薄墨色(はいいろ)、シンボルマークは十字架、変身後の位置は左胸上部。

 

☆ 立花 弥生 (たちばな やよい)

北夜見第二小学校の五年生、十歳。
魔女の口づけに毒されたところを那月に助けられる。

見た目が幼く身長も低いので年齢よりも下に見られるが、食べ物の好みはシブい。
語尾に「~なのです」を付けて話し、「にゃは☆」という猫真似を素でしている。
髪の毛をサイドテールに結び、アイドル並みの可愛らしさから那月に溺愛されている。

『魔女を引き寄せる体質』で、過去に何度も『魔女の口づけ』を受けていた。

 

★ 立花 睦美 (たちばな むつみ)

弥生の姉で魔法少女だったが、のちに魔女化(腐敗の魔女)によってこの世を去る。
妹の弥生を守るためにキュゥべえと契約を交わしていた。

魔法少女への願いは「弥生を魔女から守ること」

ソウルジェムの色は緑、シンボルマークは二つ葉。

 

☆ 左苗 ミコ (さなえ みこ)

見滝原中学二年生、十三歳。
魔女に狙われたところを蒼ユリに助けられ、魔法少女になる。
その為、ユリを「主(あるじ)様」と言って慕い、彼女を守り通すことを生き甲斐にしている。

言葉遣いは丁寧だが、丁寧すぎて慇懃無礼。
古風な思考で忠義心が厚い。

魔法少女への願いは「蒼ユリの傷を癒すこと」

癒しの魔法に長けており、それを応用した『絶対防護魔法』を使う。
武器を持たないため、いつも蒼ユリとペアで魔女を退治している。
変身後は、黄色と白を基調とした服を着る。

ソウルジェムの色は黄色、シンボルマークはハート型。

 

☆ キュゥべえ(インキュベーター)

魔法の使者であり、魔法少女たちの契約者。
どんな願いもひとつだけ叶える代わりに、魔法少女になって魔女と戦う使命を課す。

 

 

第十三話 あとがき

皆様こんばんは、マンボウ次郎でございます。

魔法少女まどか☆マギカ[新説]
~ヴァルプルギスナハト~ 第十三話

今回もお読みいただき、ありがとうございます。

今話で初めて、蒼ユリの武器の秘密が明かされました。
その名も『魔女殺しの槍』(中二っぽいネーミングですねw)

魔女を殺すことに特化したもので、魔力による肉体再生を無力化することができる
という設定です。

これが、蒼ユリが歴代最強の魔法少女と言われる所以で
『どんな魔女も殺すことができる』
それがユリの強さの秘密なのです。

そして那月は、この槍によって傷を負わされたために(第五話より)
頬の傷口が治らないのです。

那月は魔女ではありませんが、魔力によって治癒する身体は魔法少女の特徴です。
魂をソウルジェムに預け、肉体は魔力によって構成された外付けのハードウェア。
傷口の再生も魔力によって行われますが、ユリの槍はその肉体再生を無力化するので
那月の傷はいつまで経っても治らない、というのが本作の設定です。

さて、これで魔女(魔女喰い)の設定とキャラ設定が出揃いました。

ネタバレすると、この後もうひとり
魔法少女の契約をする少女がいますが、それは後ほど。

 

魔女は、強い魔力と肉体再生能力を持っている。
本編のワルプルギスの夜が、暁美ほむらにいくら攻撃をされても倒れることがなかったのは
この再生能力があるから

というのが、今作で私が根幹にしている設定になります。

つまり、ワルプルギスの夜を倒すことができるのは
蒼ユリの『魔女殺しの槍』だけ。

ワルプルギスの夜に強い恨みを抱き、復讐のために魔法少女となった御上那月。

歴代最強の魔法少女を冠し、ワルプルギスの夜を倒そうと目論む蒼ユリ。

果たして、ふたりの共闘はあり得るのでしょうか。

 

それでは次回

第十四話 赤信号の交差点(あかしんごうのこうさてん)

4月12日(金)20:00公開予定

よろしくお願いします(*'ω'*)

 

☆ブログランキングに参加しています☆

▼▼ 応援プッシュ 押してね♪ ▼▼

ブログランキング・にほんブログ村へ

▲▲ 皆様の応援で頑張れてます! ▲▲

 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございます(*´▽`*)
★日本ブログ村 スロット日記ランキングへ戻る (*'▽')σ
 


 

オリジナル小説
魔法少女まどか☆マギカ
[新説]

ヴァルプルギスナハト

連載中


 

オリジナル4コマ漫画

よんこまほむらマギカバナー

はこちら
↓ ↓ ↓ ↓
 

【まどマギ4コマ漫画】 総集編(ディレクターズカット)①
【まどマギ4コマ漫画】 総集編(ディレクターズカット)②
 


 

Twitterのフォローもよろしくお願いします♪
(*'▽')σ マンボウ次郎のツイッター
 


 

ブログランキング・にほんブログ村へ









-オリジナル小説 魔法少女まどか☆マギカ

Copyright© アニもに! , 2019 AllRights Reserved.