オリジナル小説

【オリジナル小説】魔法少女まどか☆マギカ[新説]~ヴァルプルギスナハト~ 第十一話

投稿日:

第十一話 花と雫(はなとしずく)

 

「で、御上那月はどうだったのかしら?」

翌朝。

ここは見滝原市の郊外。川沿いの道を歩く蒼ユリと、その後ろをついていく左苗ミコ。よく晴れた朝で、眩しい日差しと柔らかい風に沿道の草花が揺れている。

「どうもこうもありませんわ。あんなの出鱈目(でたらめ)ですの」

朝の通学時間。見滝原一女の制服で歩くユリと、見滝原中学の制服で歩くミコ。ふたりは精神感応(テレパシー)で会話をしていた。

「出鱈目に強かった。そういうことかしら」

「強い……ええ、たしかに強いですわ。あれが結界の中でなければ、あの一帯は焼け野原になっていたでしょう」

那月のフランベルジュが一閃した時、熱波と爆風が魔女の結界内に吹き荒れた。すべてを焼き、すべてを吹き飛ばす凄まじい威力。あの時、ミコは咄嗟に魔法障壁を作り出して身を守った。絶対防御の魔法盾で巻き添えは免れたが、結界の中は何もかもが燃え尽きていた。

「魔女喰いはランク3だったのね?」

「ええ、魔力輪がありましたので。それに、落としたフリーフシードは三つ。ということは、魔女を二匹喰った魔女喰いということですわよね」

ランク3の魔女喰いは強い再生能力を持っていたが、再生する間もなく、再生させる身体も残さず、まさに一瞬で消滅した。那月の一撃で跡形もなく消え去った。

そして魔女喰いが落としたグリーフシードは三つ。もともとの本体分と、他の魔女を二匹喰った分。合わせて三つ。

「ランク3の魔女喰いを一撃で仕留める。それだけの魔力を使っても、御上那月は『堕ちる』ことはなかった?」

「ええ。それどころか……」

魔女喰いは両腕をもがれ、その巨体が丸出しになった。腕の再生が始まっているが、那月のフランベルジュが先。真っ白な刀身が美しい弧を描いて振り下ろされる。

ミコは咄嗟に最後の力を振り絞り、小さな魔法障壁をひとつ作り出した。そこに身を屈めるようにしてふんばり、『巻き添え』に備える。

輝く一閃が振り下ろされた。刃渡り八十センチほどの刃が、魔女喰いを両断する。

カッ!

っと音が消え、白い閃光が魔女喰いと一緒にミコをも飲み込んだ。

それからようやく爆音と衝撃波が広がり、視界は白く掻き消える。

魔法障壁と、その後ろに身を屈めるミコだけを残し、すべてが焼けた。

魔女の結界は消え、視界が開ける。

宵の北夜見市。暗がりの中に見えたのは、フランベルジュを肩に背負う魔法少女。

「ふぅ……ちょっとやり過ぎたかしら」

顔色ひとつ変えずに辺りを見回し、ひとり呟く魔法少女は

「あれ? グリーフシードが三個?」

足元に転がった嘆きの種(グリーフシード)を拾い上げると

「ああ、他の魔女を喰った分ね。三個あるってことは、二匹を喰った魔女喰いだったの?」

それぞれのシンボルを隅々まで見つめている。

「歯車のシンボルは……あるワケない、か」

少し残念そうな表情を浮かべると

「これ、ふたつアンタにあげるわ。だいぶ魔力を使ったんでしょ?」

と言ってグリーフシードを放り投げた。

「ひとつは私にちょうだいよね。私だってちょっと濁ったんだから」

右手首にあるソウルジェムに目を凝らし

「ああ、そうでもないか。一応、力は抑えてたから。アンタにもらった分の魔力もあったし」

それから魔法少女の姿を解く。

「って、いっけない! もうこんな時間。早く買い物して帰らないと……」

さっきまでの気迫も闘争心も殺気もどこかに消え失せ

「アンタも早く帰りなさいよ? それと、フェンスを壊したのは内緒だからね!」

言いながら駆け出していた。

静寂の下にペタンと座るミコを置いて、那月はさっさと走り去ってしまった。

ミコは土と泥にまみれ、尻もちをついて座り込んでいる。

腰が抜けて動けなかった。

ミコは咄嗟に作り出した魔法障壁の隙間から、那月の一撃を見た。フランベルジュが振り下ろされ、高熱の一閃で魔女喰いを両断する。そこまでは最初の攻撃と変わらなかった。

しかし、あの一撃はそれだけではなかった。白熱の刃から閃光が走ると、凝縮された熱源が爆発的に広がり、魔女喰いの身体をチリひとつ残さずに焼き尽くした。あれでは再生能力など役には立たない。何しろ、再生する身体も魔力も、空間ですら焼いてしまったのだから。

魔法障壁で身を守っていたミコは辛うじて巻き添えを免れたが、障壁がなければミコ自身も消し飛ばされていたかもしれない。

「出鱈目ですわ……」

呆然としたまま、小さく呟いた。

「御上那月は、全力ではありませんでしたの」

「力を抑えてランク3を圧倒した、ということね?」

最初のうちは、魔女喰いの力を測りかねていたのかもしれない。普通の魔女とは違う。しかし、どの程度の強さなのかわからない。魔力探知が未熟なのだから仕方ないのだろう。

「おそらく、ユリさまと同じですわ。全力で魔力を使ったら、街を壊してしまうと考えたのでしょう」

「そうね。強すぎる力は諸刃の剣……敵を屠るだけではなく、味方も巻き添えにするわ」

凛とした姿で立ち止まったユリは、顔を横に向けて遠くを見つめた。長い銀髪が揺れて、漂う香りがミコの鼻をくすぐる。

「ユリさま? どうなさいましたの?」

と、これはテレパシーではなく言葉を発する。

ユリの見つめる先は、川向こうの工業地帯。そこから立ち上る排煙が空を覆っていく。黒い煙が晴天を穢す不純物のように広がっていき、西の方角だけが少し暗かった。

ほんの少しの間それを見つめていたユリは再び歩き出し

「他に、何か気付いたことはあった?」

とテレパシーで問いかける。

「他に……と言いますと?」

ユリに釣られてミコも歩き出す。

「御上那月は『呪い』を願って魔法少女になった。本人は気付いていないでしょうけど、あの力は魔法少女というよりは魔女に近い」

「魔女に近い……そうですわね。まるで魔法少女の姿をした魔女、いえ……魔女喰いと似た雰囲気を感じましたわ」

「魔女喰いと似た雰囲気?」

「ええ。魔力の強さでいえば、ユリさまの方が圧倒的に上。贔屓目なしに、そう断言できますわ。でも御上那月はそれとは違う。実は、最後の一撃の前にワタクシの魔力を分け与えていましたの」

「あら、あなたが魔力譲渡をするなんて……どういう風の吹き回しかしら」

それは……「逃げられない戦いでしたから」とミコは言葉を口にした。それから

「ワタクシの魔力を攻撃に転化させていたとしても、あの威力は強すぎますの。あれは、まるで魔力を乗算させていたように……」

「魔女喰いと同じように?」

魔力譲渡は、本来なら『魔力の足し算』にしかならないはずなのに

「御上那月は、ワタクシの魔力を乗算させていたように見えましたわ」

それは魔力の掛け算。

数字で表すなら、那月の魔力を「十」としてミコが譲渡した魔力を「五」とするなら、足し算で「十五」。しかし乗算(掛け算)だと「五十」になる。ミコは、それだけ飛びぬけた力を感じた。

「なるほど、それで『魔女喰いのようだ』と」

「もし御上那月が魔女へと堕ちてしまったら、とんでもない『魔女喰い』になってしまうのでは……」

ふたりの会話は、ここで途切れた。

無言のまましばらく進むと、川沿いの道が二手に分かれている。左手にある『聖(ひじり)大橋』と書かれた大きな橋の前で、ユリは足を止めた。橋を渡った先にはユリの通う見滝原第一女子高等学校。右手に曲がるとミコが通う見滝原中学校。ふたり一緒の通学路はここまで。

初夏の柔らかい風で、ユリの髪が揺れる。

「その時は、私が全力で殺してあげるわ」

氷のような冷笑と甘い香りを残して、ユリは橋の向こうへと歩いていった。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆彡

 

見滝原市。

近代化の進むこの大きな都市に、未曽有の大災害が訪れる。

回転する上昇気流を伴う巨大な積乱雲『スーパーセル』と呼ばれる現象が起こり、竜巻や激しい雷雨が街を襲う。真っ黒な雲が空を覆いつくし、昼間でも夜のように暗い。

街の人々は災害用の避難所に逃れ、ただ茫然と成り行きを見守っていた。

巨大な自然災害に、近代技術を凝らした建物は枯れ木のごとくへし折られる。崩壊したビルが竜巻に乗って宙を舞う。何十トンもある瓦礫が、まるで木の葉のように浮かび上がっていた。

(またこの街だ……)

街が闇に染まるこの光景は、前にも見たことがある。いつだったか憶えていないが、あの時は崩壊していく街に少女がいた。白と紫色を基調とした、不思議な動きをする魔法少女。

摩天楼が連なる、街の中心地を通り抜けた。私が通った後には、ビルの残骸だけが残される。私がすべてを巻き上げ、何もかもを破壊していく。

すると、地上にふたりの少女が現れた。

ふたりは何か喋っているが、声が小さくて聞こえない。

(あれ、私……浮いてるんだ)

この時、初めて自分が空に浮いていると気付いた。

上空から見下ろしているから遠くてよく見えないが、あのふたりはこの前の少女とは違う。黄色を基調とした少女と、ピンク色を基調とした少女が瓦礫の上からこちらを見ている。あの衣装……この人たちも魔法少女なんだろう。

と、大気を穿つような轟音と共に、何かが弾けた。

(私に、攻撃してきてる?)

黄色の魔法少女が、大きな大砲を構えている。

「……フィナーレ!」

もう一度、大きな発射音が響き、砲撃は真っすぐに向かってくる。

(どうして私を撃つの?)

爆音を轟かせた砲撃が身体に当たる。が、不思議と傷みは感じなかった。

「……な砲撃じゃ……わ! ……さん、一緒に……」

「はい! ……さん、わかりました!」

ふたりの声が微かに聞こえる。

黄色い少女がリボンを伸ばすと、それを足場にしてふたりが駆けだした。

同い年くらいの少女なのだろうが、ふたりとも妙に小さい。

いや……違う。

私が大きいんだ。周りの建物も模型のように見える。

「鹿目さん、いくわよ!」

「はい、マミさん!」

「ティロ・フィナーレ!」「えいっ!」

黄色い少女は巨大な砲撃を、ピンクの少女は淡く光る矢を、同時に発射してきた。

(やめて! どうして私を撃つの? 私も同じ魔法少女だよ?)

しかし、声が出ない。

代わりに、私の魔力がうねりをあげた。大気が渦巻き、巨大な旋風を起こす。

ふたりの攻撃は巻き起こる大気の渦に巻かれて掻き消えた。

「そんな……まったく歯が立たないなんて!」

「マミさん、危ない!」

私の手から、巨大な炎が走った。魔力の溜めもなく、予備動作もなく、一瞬で生み出した炎はすさまじい勢いでふたりを飲み込む。

(違うの! これは私がやっているんじゃないの!)

私の意思とは関係なく、私はふたりに反撃していた。

巨大な炎に討たれたふたりは、黒焦げになりながら高層ビルに激突した。あまりの衝撃で、ビルの上半分が崩れ落ちる。

(お願い、逃げて! これは私の意思じゃないの)

崩れたビルの断面に、満身創痍のふたりが見えた。あの炎の一撃で、黄色い魔法少女は立ち上がれないほどのダメージを受けてしまっている。ピンク色の魔法少女は昏倒しているようで動かない。

また、私の魔力がうねりを上げた。

崩落したビルの上半分が、渦巻く大気の流れで上空高くに持ち上がる。

大きい。

あんな重量を持ち上げる魔力が私にあるわけないのに……

気流に乗って、ビルが落下する。

(ダメ! やめて!)

声にならない叫びもむなしく、ふたりが横たわるところに『それ』は突っ込んだ。

瓦解する街を見下ろして、甲高い笑い声が響く。

「なにが可笑しいの?」

あのふたりは助からないだろう。炎の一撃だけで相当な重傷を負っていたんだ。そこに巨大なビルの塊で潰されてしまっては、身体もソウルジェムも粉々になっているかもしれない。

また、けたたましい笑い声が響いた。

「なにが可笑しい!?」

心の声を強く叫ぶが、声になっていない。聞こえてくるのは、人のものとは思えない不気味な……私の笑い声。

「なにが可笑しいのよ!!」

聞こえていた笑い声は、いつの間にか規則的な機械音に変わっていた。那月が目を開けたそこは、宵闇の都市ではない。窓から陽の光が差し、目に映るのは見慣れた天井。

「ここは……私の部屋」

けたたましい機械音は目覚ましの音だった。時刻は六時四十分を差している。

いつもなら「あと五分……」という延長希望を唱える那月だったが、今日は目が覚めている。というか、意識がやけにはっきりしていた。

「夢……だったの?」

枕元の時計に手を伸ばし、目覚ましを止める。身体は汗でびっしょりだった。

悪夢にうなされたせいなのか、頭痛がひどい。

そうだ、今の夢は……

「あの時と同じ」

いつだったか、学校でうたた寝をしていた時に見た夢と同じだ。見知らぬ街を見下ろす私。崩壊していく都市。

だた、前とは違った少女たちがいた。前とは違う、魔法少女がいた。

夢の中に見知らぬ魔法少女がいて、私を撃ってきた。轟音を響かせた砲撃。魔力が発光する矢。

あのふたりは私と戦っていたの?

――魔法少女は、魔女と戦う運命だからね

キュゥべえの言葉が頭をよぎる。

「それじゃあ、私が魔女なの?」

那月は自分の右手を見た。

中指に光る指輪(ソウルジェム)が、カーテンの隙間から差し込む日差しで輝いている。

穢れのない透き通った輝きを見つめていると、吸い込まれそうになる。

――魔法少女は、やがて魔女となる存在だからね

またキュゥべえの言葉が頭をよぎった。

「いや、あれは夢だ……私は魔女になんかならない。世界中の魔女は私が殺すんだ」

ズキン、と頭痛がした。

頭の血管が膨張しているような圧迫感と、軽いめまい。額ににじむ脂のような汗。

「風邪でもひいたのかな……」

那月はこの日、学校を休んだ。

 

 

続く

 

=====スポンサーリンク=====
 




 

 

登場人物紹介

ストーリー進行ごとに登場人物紹介を追加していきます。
まどマギ本編に登場する『キュゥべえ』以外はすべてオリジナルキャラなので
「あれ? コイツ誰だっけ?」と思ったら読んでいただければ。

 

☆ 御上 那月(みかみ なつき)

本編の主人公。北夜見中学二年生。四月三十日生まれの十四歳。
母親は小さい頃に死去しており、現在は父親とふたり暮らし。

目がパッチリで色白、肩まで届く短めの髪。髪色は青みがかった黒色。
甘いものとカワイイものが大好き。
親友の柚葉からはいつも「ペタンコ」と言われている。
普段は明るくコミカルな性格だが、魔女に対すると冷徹で好戦的になる。

キュゥべえと契約した魔法少女。

魔法少女としての能力は非常に高く、刀身が波打つ細剣『フランベルジュ』を扱う。
炎の魔力を宿しており、フランベルジュに込めた炎の力を自在に操る。
また、観念動力(テレキネシス)という、普通の魔法少女にはあり得ない能力も身に付けている。

変身後は、白と青紫ふたつの色をあしらった衣装を身に纏う。
夜空に真っ白な月が映えるようなコントラストで、膝丈まであるスカートと肩当から揺れる柔らかいフリルが特徴。

ソウルジェムの色は青紫、シンボルマークは真円。
変身後は、右手首に付ける炎を象ったブレスレットに付けられている。

 

☆ 宝条 柚葉(ほうじょう ゆずは)

那月の親友でクラスメイト。

市内でも有数の豪邸に住む本物のお嬢様だが、粗暴な喋り方で強引かつ勉強嫌いの普通の中学生。
サラサラなロングヘアに細身で巨乳の「セクシーダイナマイツバディ」
男子生徒たちの憧れの的だが、恋愛にはあまり興味がない。

那月とおかしな芝居を繰り広げることが多い。

 

☆ 蒼 ユリ (あおい ゆり)

高慢かつ高飛車な話し方で、誰に対しても気を許すことなく淡々と冷静に言葉を発する魔法少女。
細くしなやかな身体で、長い銀髪が特徴。
キュゥべえ曰く、歴代最強の魔法少女。

見滝原の有名なお嬢様学校『見滝原第一女子高等学校』の一年生。
洞察力にも長けており、他人の心を見透かすような一面もある。

魔法少女への願いは不明。

歴代最強の名のとおり、他の追随を許さない圧倒的な魔力を持つ。
その力は、魔女はおろか街をも吹き飛ばせる程の魔力を秘めていると言われる。

先端の丸い円から十字が伸びる槍を扱う。

ソウルジェムの色は薄墨色(はいいろ)、シンボルマークは十字架、変身後の位置は左胸上部。

 

☆ 立花 弥生 (たちばな やよい)

北夜見第二小学校の五年生、十歳。
魔女の口づけに毒されたところを那月に助けられる。

見た目が幼く身長も低いので年齢よりも下に見られるが、食べ物の好みはシブい。
語尾に「~なのです」を付けて話し、「にゃは☆」という猫真似を素でしている。
髪の毛をサイドテールに結び、アイドル並みの可愛らしさから那月に溺愛されている。

『魔女を引き寄せる体質』で、過去に何度も『魔女の口づけ』を受けていた。

 

★ 立花 睦美 (たちばな むつみ)

弥生の姉で魔法少女だったが、のちに魔女化(腐敗の魔女)によってこの世を去る。
妹の弥生を守るためにキュゥべえと契約を交わしていた。

魔法少女への願いは「弥生を魔女から守ること」

ソウルジェムの色は緑、シンボルマークは二つ葉。

 

☆ 左苗 ミコ (さなえ みこ)

見滝原中学二年生、十三歳。
魔女に狙われたところを蒼ユリに助けられ、魔法少女になる。
その為、ユリを「主(あるじ)様」と言って慕い、彼女を守り通すことを生き甲斐にしている。

言葉遣いは丁寧だが、丁寧すぎて慇懃無礼。
古風な思考で忠義心が厚い。

魔法少女への願いは「蒼ユリの傷を癒すこと」

癒しの魔法に長けており、それを応用した『絶対防護魔法』を使う。
武器を持たないため、いつも蒼ユリとペアで魔女を退治している。
変身後は、黄色と白を基調とした服を着る。

ソウルジェムの色は黄色、シンボルマークはハート型。

 

☆ キュゥべえ(インキュベーター)

魔法の使者であり、魔法少女たちの契約者。
どんな願いもひとつだけ叶える代わりに、魔法少女になって魔女と戦う使命を課す。

 

 

第十一話 あとがき

皆様こんばんは、マンボウ次郎でございます。

魔法少女まどか☆マギカ[新説]
~ヴァルプルギスナハト~ 第十一話

今回もお読みいただき、ありがとうございます。

実は先日、読者様が小説キャラのイラストを描いてくださいました!
「ナハト」を読んで、私のオリジナルキャラのイメージを絵にしてくれたのです。

めちゃめちゃ嬉しいです(*´▽`*)

私は絵が描けないので、映像としてのイメージをお伝えすることができません。
小説なので文章で伝えるのが本分なのですが、やはり挿絵(イラスト)があったほうが
読んでくださる方にイメージを持っていただきやすいですよね。

今回描いていただいたのは
主人公の御上那月ちゃんと、親友の宝条柚葉ちゃん。

私の拙い文章からふたりの特徴を読み取っていただいて
ゼロからキャラを描いてくれたのです。

これが……

めちゃカワイイんですよ!

絵が上手なのはもちろんですが、パッと見ただけでカワイイ(*´ω`)
二次オタの私は一発で惚れてしまいました♪

ということで、できれば皆様にもお見せしたいと思いまして
描いてくださった方に許可を求めているところです。

できればイラストを掲載させてくださいませ m(_ _)m

 

それでは次回

夏といえば、プール。
プールといえば水着。

ということで水着回です(*´▽`*)

 

第十二話 マジカルツイスト(彼女が水着にきがえたら)

3月22日(金)20:00公開予定

よろしくお願いします(*'ω'*)

 

☆ブログランキングに参加しています☆

▼▼ 応援プッシュ 押してね♪ ▼▼

ブログランキング・にほんブログ村へ

▲▲ 皆様の応援で頑張れてます! ▲▲

 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございます(*´▽`*)
★日本ブログ村 スロット日記ランキングへ戻る (*'▽')σ
 


 

オリジナル小説
魔法少女まどか☆マギカ
[新説]

ヴァルプルギスナハト

連載中


 

オリジナル4コマ漫画

よんこまほむらマギカバナー

はこちら
↓ ↓ ↓ ↓
 

【まどマギ4コマ漫画】 総集編(ディレクターズカット)①
【まどマギ4コマ漫画】 総集編(ディレクターズカット)②
 


 

Twitterのフォローもよろしくお願いします♪
(*'▽')σ マンボウ次郎のツイッター
 


 

ブログランキング・にほんブログ村へ









-オリジナル小説

Copyright© アニもに! , 2019 AllRights Reserved.